news

イカの駅つくモール求人情報|物販の求人を行います

駅長
駅長

物販はイカの駅の中でも最も売上高が大きく、全体の60%を占める部門です。販路拡大・商品開発・クラウドファンディングなど、めちゃんこやり甲斐と伸びしろのある仕事です。僕は駅長じゃなかったら間違いなく物販で働きますね(笑)

  • アルバイト1名募集します。年齢性別不問
  • 月木土日祝で3日以上勤務可能な方
  • パソコンの文書入力や基本操作が可能な方
  • 普通自動車免許をお持ちの方

主な条件はこの辺です、詳細は求人ページを見て下さい。この記事では駅長の僕から見た物販の仕事を詳しく説明したいと思います。ちなみにイカの駅は複合施設ですので、シナジーを最大化する為に他チームとの連携が重要です。

イカの駅つくモール物販のお仕事

駅長
駅長

それでは気合を入れて物販のお仕事を紹介します!途中で気になったら迷わず0768-74-1399(瀬川)までご連絡下さい。
待遇に関しては求人ページをご覧くださいね。

  1. 地域の名産品を広める
  2. 自社商品開発
  3. 店頭の充実

物販の仕事は主に3つ。この3つの下には様々な手法や業務がぶら下がっています。売上シェア率NO1部門ですが単体で成果を上げている訳ではありません。トップチームだからこそ他部門との連携なくして結果を出すことは出来ない部門です。

1.地域の名産品を広める

駅長
駅長

地域の名産品を広める(認知と売上) 為に僕らが行ってきたこと実績を交えて説明していきます。

イカの駅では100社以上1,000点以上のお取引先と商品があります。1つ1つの商品を紹介するのは非効率ですので、店舗を認知させる必要があります。

店舗は大きく分けてイカの駅とネットショップ「のとマート」があり、この店舗の中に100社1,000点の商品が並んでいます。店舗はそれぞれ客層や利用目的が異なる為「知って貰う」戦略も異なります。

そもそもどれだけ良い物があっても知られなければ意味がないという事です。

商品を知って貰う前に店舗を知って貰うという作業は開業前から行っており、現在も継続して行っている作業です。例えば毎日のSNS配信もその1つです。物販は商品が豊富なのでネタには困りません。

数値で分析|知って貰う為にレストランに協力

物販は開業から10ヵ月の間飲食利用者数を越えた月は4回しかありません、それも僅差。ランチタイムのみの営業を行っているレストラン単体でも半々、つまりイカの駅は飲食に最も訴求があるという事です。

であれば集客は飲食が要、物販も飲食集客の為に知恵を貸して来場したお客様が物販にも寄ってもらえる戦略を練る方が効率的です。

このように複合施設においては単体でマーケティングを考えるよりも効率的な戦略があります。故に部門間の連携はとても重要で、日々互いを助け合うことは日常です。

2.自社商品開発

駅長
駅長

我々は商品開発には自信があります。10ヵ月で8個の商品が発売・開発状態でどれも結果を残すことが出来ています。

多くの道の駅では委託販売という売れたら手数料を貰うという方法です。一部買取商品などもありますが、売り値は他の販売所との兼ね合いから大体決まってしまいます。

しかし値段の調整よりも厄介なのは商品開発までも依存してしまうことです。当然のことながら何年も同じ商品しかなければ話題性は薄れ他の施設に新規参入されれば瞬く間に客足は遠のきます。

物販では取引業者様に対し運営の知見を生かした提案により商品開発をお願いしています。生産者様側にも運営体制や投資など様々な問題があるのは承知ですが、店舗の品質を保つために新商品リリースは絶対に疎かには出来ません。

その為イカの駅でも自社商品開発は全部門上げての超注力事業です。

味付きイカ丼

2020年6月開業から10ヵ月、累計11,000食を販売したのがイカの駅名物「味付きイカ丼」です。

クラウドファンディングでは1ヵ月で200万以上を売上全国のお客様に届ける事が出来ました。クラウドファンディングでの売上や販売数は一時的なものなので全体への寄与は少ないですが、認知に関しては大きく貢献しました。

クラウドファンディングによる詳細にセグメントされた実績は営業ツールとして大きな役割を果たしています。

イカの駅では複合施設のシナジーを最大化し、リスクを徹底的に排除、開発フォーマットに沿って商品開発を連続して行うことで10ヵ月で8商品を開発することができます。

また運営の知見を生かすと同時に同業他社への視察、大手流通への積極的な営業活動から得た情報を即座に自社商品に反映させることで、次なる新商品はより効率的に結果を出すことができます。

イカの駅での商品開発は先ず店頭販売から始まります。提案はどの部門や誰のアイディアでも良く、飲み会の席や旅行先などからも始まります。我々は先ずどの部門で店頭販売出来るかを考え、自社で出来る最大数を把握します。

店頭販売の成果と最大の製造数を把握し、市場ニーズがそれを越えると判断したタイミングで外注に依頼します。マネージャーたちは開発段階で既に委託先を選定しており、流通が遅れる事がないように備えています。

その為名もなき小売り店のイカの駅は全国の大手流通にガンガン営業を仕掛け、受注できたら「やべーやべー受注できちゃったよ」という感じで急いで委託先と内容を詰めます。

典型的な泥縄式ですが今以上の成果を求める為、お取引先の期待に応える為、常に一歩先を考え準備をしています。

3.店頭の充実

イカの駅つくモールは2020年6月の開業から10ヵ月で7.6万人の方が来場されました。初年度は多くの課題を残したまま繁忙期を終え、今期は前期の課題を解決した状態で繁忙期に臨みます。

いくら営業活動やネット販売を頑張ったところで大本営の店舗でお客様の期待を越えるサービスを提供できなくては意味がありません。店頭サービスの充実は常に「お客様の期待と感動を越えるサービス」とし、基本の清掃から接客までを徹底して行う様にしています。

ただ一方で能登の柔らかな雰囲気、地域の方々とのやり取りにも旅の楽しみが隠されていると思っていますので、そういった部分も楽しんで頂ける施設であり、お土産屋さんで在りたいと思っています。

イカの駅物販の今後

イカの駅物販は店頭販売だけを行うことはありません。常に販路拡大と商品開発の2軸を進めていき、能登の名産品を全国そして世界へと拡大していきます。

業務内容に興味がある方はぜひご連絡下さい。0768-74-1399(瀬川)

イカの駅基本情報

場所〒927-0552
石川県鳳珠郡能登町字越坂18字18番1
 Google Mapを見る
電話番号0768-74-1399
営業時間9:30-17:00
定休日水曜日
駐車場大型車2台、普通車65台、バリアフリー3台