news

LINE WORKSは超おすすめ|新システム導入は下準備が大事

駅長
駅長

おはようございます。寺内です。イカの駅つくモールの駅長や、マリンガイドや、「のとりっぷ」という能登半島に特化した観光メディアの運営をしています。
twitter:@kosshael

イカの駅では社内のコミュニケーションツールにLINEWORKSというアプリを使っています。重要事項は必読の掲示板に掲載し、日報やスケジュールが共有され、全従業員が僕の日報やスケジュールを確認できます。スケジュールが空いていれば誰でも抑えることが出来、いちいち確認の必要もありません。

日報は1日の棚卸でとても重要な作業です。しかし書くことに時間をかけていては意味がありません。ですのでテンプレートを作りその指示に沿って書くようにしています。長い事日報を書き続けているのでこれがなかった時の事はイメージできませんが、恐らく成長に雲泥の差がつくと思います。

また、日報にはコメントすることが出来るので、コメントも全員が見ることが出来ます。終業後に上司とコメントのやり取りが発生するのは億劫だと思うので短くコメントするようにしています。

これらのメリットがあるLINEWORKSですが、社内に浸透させるには下準備が必要だと思います。

というのも「知らない」は「恐怖」であること。内容の有用性に関する検討よりも知らないものに対する恐怖が先行してしまい、従業員が拒絶反応を示す事があります。

スマホを使い慣れている若い世代はなんとなく出来る事が、年配の人にとっては恐怖であり触りたくもなかったりします。ですので活用することで得られる何かを一緒に伝えなければなりません。(我が社は平均年齢が高い(笑))

「何か」は我が社の場合「物語」です。1日の動きは勿論、僕が見たり得ている情報を出来るだけ公開することで、今日はどんな話がきけるだろう?と興味をもって貰うようにしています。その為には数字を公表することもあったり、自分の考えをしっかりと記事として書かなければなりません。

ただの業務連絡ツールではなく、少しでも僕や会社に興味を持ってもらえればと思い使っています。

この他にも色々と理由はあるのですが、これを無料で使えるのは本当にすごいです。超おすすめですのでぜひ皆さんの会社でも使ってみてください。