news

悩みはないですか?という質問に対して悩みはないと言える

おはようございます。寺内です。イカの駅つくモールの駅長や、マリンガイドや、「のとりっぷ」という能登半島に特化した観光メディアの運営をしています。 twitter:@kosshael

昨年の10月は人材確保に奔走していたので、会社のタイムカードを見ると本当にたくさんの人が働いてくれているなと感謝しかありません。 一方で人が増えれば様々な問題が起こります。

「あらゆる問題の本質は人間関係である」はアドラーの有名な言葉ですが、この意見にはほぼ賛成です。 であれば交わる人の数が増えれば問題の数も比例するのは必然です。

しかし問題の多くが人間関係であるのならば、人間関係を攻略すればほとんどの悩みは無くなるという事です。

イカの駅のような地域と観光のバランスが重要とされるビジネスにおいて、色々と悩みを多いと思われているかもしれませんが僕は一切悩みはありません。
勿論反対意見や折り合いのつかない問題もあるのですが、人間関係で悩むことが僕にはないので、詰まる所悩みが殆どないという事になります。

閑散期になると色々な問題が浮上します。つい最近まで忙しくて気にすることが出来なかった事も閑散期には時間が余るので気になってしまいます。

従業員や様々な人から問題解決や悩み相談を受けたとき僕が話すのは我流の悩み解決方法です。1つ目は自分の悩みであると認識しない事、2つ目は全ては自分の責任であるとすること、3つ目は即断即決即行動です。 この方法を分かり易く伝える事が殆どなのですが、 最速の問題解決条件として解決したい問題なのかどうかがあります。良くあるのが話を聞いてほしいだけという人。

この場合は別の話し相手を探してもらいます。

人生の多くの時間を悩んで出来たのでその時間を減らすはかなり効率的だと思い、徹底して悩まないようにしています。