news

割れない珪藻土バスマット|珠洲市の城崎デザイン研究所が開発中

駅長
駅長

おはようございます。寺内です。イカの駅つくモールの駅長や、マリンガイドや、「のとりっぷ」という能登半島に特化した観光メディアの運営をしています。
twitter:@kossahael

能登半島にある珠洲市の名産品に珪藻土コンロがあります。近年では壁材やバスマット、歯ブラシ立てなど様々な商品が開発・販売され、中でも珪藻土バスマットは有名ではないでしょうか。

珪藻土バスマットをお持ちの方なら経験があるかと思いますが、珪藻土バスマットは脆いです。

珪藻土は水分を吸収すると同時に放出もします、故に平置きにするだけでなく立てかけるなどして吸収した水分を存分に放出させなければカビが生えたりします。

しかしこの立てかけた珪藻土が何かの拍子でパタンと倒れると、この衝撃だけで珪藻土バスマットは割れることがあります。

先日城崎デザイン研究所さんにお邪魔しているときそんな話になり、聞けばその問題の解決まであと少しという事。

そこで実験段階の珪藻土マットを見せてもらい、さらに信用していない僕は珪藻土マットを床に落としてやりました(笑)

するとどうでしょう、割れない!これにはびっくり!

未だ開発段階で幾つかの問題をクリアにしなければならないそうなのですがリリースが楽しみです。完成したらイカの駅でも販売させて頂きます。